シャシダイナモメータによる車両評価技術に関して、このPart2では自動車技術会等における最新の調査研究動向等を踏まえて、自動車技術会において新たに自動車規格(JASO)にとして制定されたシャシダイナモ試験に関する事項をまとめて、技術解説することにします。

 
(このPart2-続編版では以下に示す項目を順次解説していきます。各項の「このページを表示する」をクリックすることで、各々のページに入ることができます。ただし現状では下記の①~③までが公開ページとなっています。その他は、準備ができ次第、アップする予定です。)

  
①シャシダイナモメータを用いた派生車両の走行抵抗算出方法について
   (自動車規格JASO E015の内容解説)
     → このページを表示する。

  ②四輪駆動車用シャシダイナモメータにおける車両拘束及びその評価方法
   (自動車規格JASO E016を中心とした車両拘束技術の解説)
     
 
→ このページを表示する。

  
③四輪駆動車用シャシダイナモメータを用いた転がり抵抗測定方法 その1 
    
自動車規格JASO E017を中心とした技術解説1 
            ー 背景、目的、ローラ曲率の影響補正法など)
      
→ このページを表示する。

  ④四輪駆動車用シャシダイナモメータを用いた転がり抵抗測定方法 その2 
    
自動車規格JASO E017を中心とした技術解説2 
            ー台上試験車のタイヤ冷却の影響、ローラ材質違いの影響と補正法、
             タイヤ温度条件の違いが転がり抵抗測定に与える影響の補正方法など
      
→ ただ今準備中     










    







    


公益財団法人日本自動車輸送技術協会は、自動車の安全確保、環境保全に役立つ各種の試験、調査、研究を行うことで社会に貢献しています。

以前のホームページ

公益財団法人日本自動車輸送技術協会 Japan Automobile Transport Technology Association

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • アクセス

技術解説

  技術解説ーシャシダイナモメータによる車両評価 (Part2)ー続編   
                                 シャシダイナモ試験をJATAに委託するには