重量車のモード運転中の試験車運転席の様子

 重量車の排出ガス規制は、エンジンシステム(後処理装置やハイブリッド機構含む)を対象にしていますが、完成車両の排出ガスを測定する場合は、シャシダイナモメータ上で試験車をJE05モードやWHTCモードを運転する方法も認められています。

 台上試験の走行パターンはJE05モードまたはWHVCモードの時間/車速パターンを使用し、走行抵抗の設定や変速位置と変速段はJE05モード試験の時に定めた変換アルゴリズムを用いて計算しておき、運転操作を指示するドライバーズエイド装置にその結果を書き込んでおきます。

 試験車の運転者は、走行モードパターンと実車速を表示するドライバーズエイドの画面を見ながら、アクセル、ブレーキ、変速機の操作を行うことで、試験車のモード運転を行います。

8.シャシダイナモメータを用いた重量車モードの排出ガス試験方法

公益財団法人日本自動車輸送技術協会は、自動車の安全確保、環境保全に役立つ各種の試験、調査、研究を行うことで社会に貢献しています。

以前のホームページ

公益財団法人日本自動車輸送技術協会 Japan Automobile Transport Technology Association

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • アクセス

技術解説

技術解説ー重量車の排出ガス規制及び試験法 6

       <前ページに戻る  次頁へ進む  
































       <前ページに戻る  次頁へ進む
       




          <前ページに戻る  次頁へ進む