WMTCモード(二輪車の国際統一試験モード)

その他、各種試験モード

○二輪車の燃費試験

JE05モード実車試験(ホット、コールド)、 フリーモード(実走行モード)

定常走行モード(車両試験。運転条件は、シャシダイナモの定格吸収容量以下)

○重量車(等価慣性質量6トン以下)の燃費試験

○中・軽量車の燃費試験

JC08モード(ホット、コールド)、 10・15モード、 11モード、定常走行モード、

フリーモード(様々な実走行状態の再現など、任意の速度変化を与えた走行モード)、 

WLTPモード(国際統一試験モード)、

欧州試験モード、 米国試験モード

実施可能な燃費試験モード
 シャシダイナモメータと排出ガス分析設備を使った燃費測定では、以下のモードが対応可能です。

JATA昭島研究室の試験設備により燃費計測を実施します。

 試験は、ガソリン車及びディーゼル車における中・軽量車(乗用車、総重量3.5トン以下の小型貨物車)および車両総重量6トン以下の重量車、そして二輪車の試験に対応します。この重量範囲であれば、LPG、CNG、エタノール、BDFなどの新燃料自動車の燃費試験も可能です。また試験車の駆動方式では、ガソリン車(HEV含む)の場合、2WD(FF,FR)および4WD車の試験が実施可能です。モード燃費は、CO2,総HC,COの各排出量を測定し、カーボンバランス法により算出します。

 試験のためJATAでは、最新の4WDシャシダイナモメータ(2機)重量車用設備二輪車用設備を備えております。

(1) ガソリン自動車の燃費試験

(2) ディーゼル自動車の燃費試験

(3) ガソリン二輪車の燃費試験

(4) LPG、CNG、その他燃料を使用する自動車の燃費試験

(5) ハイブリッド自動車(HEV)の燃費試験

 当協会では、国、自治体、企業、団体等の皆様の委託により各種車両の燃料消費率(燃費)の評価試験を実施しております。以下に示す燃費試験が対応可能ですが、お客様のご要望、目的に応じて可能な限り柔軟に対応いたします。燃費試験の内容や実施時期、試験条件等につきましては、JATA技術部(Tel:03-6836-1585 mail:gijutu@ataj.or.jp)にご相談ください。
燃料消費率評価試験

公益財団法人日本自動車輸送技術協会は、自動車の安全確保、環境保全に役立つ各種の試験、調査、研究を行うことで社会に貢献しています。

以前のホームページ

公益財団法人日本自動車輸送技術協会 Japan Automobile Transport Technology Association

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • アクセス

受託試験・請負業務

受託試験ー燃料消費率試験