二輪車のモード運転
重量車のモード運転
乗用車のモード運転
WMTCモードの一部
JC08モードの一部
ドライバーズエイド(運転指示・表示装置)の画面例
排出ガス試験の実施
排出ガス試験のオペレーション
走行抵抗、等価慣性質量の設定
試験車のシャシダイナモ上へのセット
排出ガス試験の準備状況

○中・軽量車の排出ガス試験
 ・JC08モード(ホット、コールド)、 10・15モード、 11モード

 ・フリーモード(様々な実走行状態(渋滞走行、都市内走行、地方幹線道走行、高速道路走行など)の再現など、 ・任意の速度変化を与えて走行するモード)、 

 ・WLTPモード(国際基準統一試験モードとしてわが国にも導入されることになった排出ガス規制モード)、

 ・欧州試験モード、 米国試験モード

〇重量車の排出ガス試験
 ・実車試験によるJE05排出ガス規制用試験モード、 
 ・フリーモード(各種道路条件での実走行型モード)
 ・13モード等の定常型試験モード(ただし負荷条件は、シャシダイナモの定格吸収容量以下)
〇二輪車の排出ガス試験
 ・WMTCモード(二輪車の国際統一試験モード)
 ・その他、各種走行モード

実施可能な排出ガス試験モード
 シャシダイナモメータを用いた排出ガスの試験として、以下の試験モードに対応可能です。

 JATA昭島研究室の設備を使って各種の排出ガス試験を実施します。ガソリンとディーゼルの中・軽量車(乗用車、小型貨物車(総重量3.5トン以下)および車両総重量6トン以下の重量車と二輪車のシャシダイナモ試験に対応できます。

 またこの重量範囲であれば、LPG、CNG、エタノール、BDFなど新燃料自動車の排出ガス試験も実施可能です。

試験車の駆動方式では、2WD(FF,FR)はもちろん、4WD車の排出ガス試験も実施可能です。

こうした排出ガス試験のためにJATAでは、最新の4WD用シャシダイナモメータ(2機)や重量車用試験設備、二輪車用試験設備を備えております。

(1) ガソリン自動車の排出ガス試験

(2) ディーゼル自動車の排出ガス試験

(3) 二輪車の排出ガス試験

(4) LPG、CNG、BDF等を燃料とする自動車の排出ガス試験

(5) NOx・PM低減装置の排出ガス性能評価試験

(6) 黒煙試験

(7) その他の排出ガス試験

 当協会では、国、自治体、企業、団体等の皆様からの委託による各種の排出ガス試験を請け負っております。内容として以下に示す排出ガス試験が実施可能ですが、お客様のご要望に応じて可能な限り柔軟、迅速に対応いたします。
 試験の内容、希望時期、試験条件等につきましては、JATA技術部(03-6836-1585)にご相談ください。
各種の排出ガス試験の実施

公益財団法人日本自動車輸送技術協会は、自動車の安全確保、環境保全に役立つ各種の試験、調査、研究を行うことで社会に貢献しています。

以前のホームページ

公益財団法人日本自動車輸送技術協会 Japan Automobile Transport Technology Association

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • アクセス

受託試験・請負業務

受託試験ー各種の排出ガス試験










































  






































                  次頁へ進む