エンジンダイナモメータで排出ガス試験が実施できるようにするため、WHVCモードを「時間-トルク」、「時間-回転数」に変換する作業が必要となります。このため、平均的挙動を示すエンジンを選定し、このエンジンをもとにした分析調査により、下図に示すWHTCモードが作成されました。

 これがgtrNO4に規定されるWHTCモードであり、N rate及びTrateの時系列値が試験での設定になります。実際の試験では、個々の試験エンジンの回転数とトルクの指定値を定める際は、次ページの計算式が用いられます。

エンジン運転パターンモード(WHTC)の策定

 自動車規準調和世界フォーラム(UN-ECE/WP29)では、世界統一試験サイクルWHTCの作成に当たり、日米欧、オーストラリアの実際の自動車走行データを収集して、これを基に下図に示す「時間-速度」、「時間-出力」からなる下図の車両走行モード(WHVC)を作成しました。

4.WHTC作成における車両速度モード、出力パターンモードの策

公益財団法人日本自動車輸送技術協会は、自動車の安全確保、環境保全に役立つ各種の試験、調査、研究を行うことで社会に貢献しています。

以前のホームページ

公益財団法人日本自動車輸送技術協会 Japan Automobile Transport Technology Association

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • アクセス

技術解説

技術解説ー重量車の排出ガス規制及び試験法 3

       <前ページに戻る   次頁へ進む



       













































       
       <前ページに戻る   次頁へ進む