下の図はJE05とWHTCの回転数、負荷の頻度分布の例を環境省資料から示したものです。

左の図は大排気量(12.91L)のエンジンで、右の図は小排気量(4.01L)のエンジンの例です。

 両方図を比較してみると、従来のJE05モードに比べてWHTCモードの方が、より幅広いエンジン域が使用されることがわかります。

6.JE05モードとWHTCモードのエンジン使用域の比較

 対象エンジンの諸元をもとに、以下の式を用いて、エンジン試験での各点における実際の回転数を決定することになっています。なお式中のNrate(%)とTrate(%)は前ページ下の図で示される値です。

5.WHTCモード試験時の実際の回転数、トルクの算出方法

公益財団法人日本自動車輸送技術協会は、自動車の安全確保、環境保全に役立つ各種の試験、調査、研究を行うことで社会に貢献しています。

以前のホームページ

公益財団法人日本自動車輸送技術協会 Japan Automobile Transport Technology Association

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • アクセス

技術解説

技術解説ー重量車の排出ガス規制及び試験法 4

       <前ページに戻る   次頁へ進む















































       <前ページに戻る   次頁へ進む