この試験手法は論理的かつ正当な評価法ですが、比較タイヤの種類が多くなると、試験の作業工数が必然的に増加します。またコースの惰行試験では、風速、風向、温度、日射等の環境条件の変化も測定誤差を生む要因になりますので、路上での惰行試験は慎重に行わないとタイヤの性能差がモード燃費の試験結果に正しく反映されません。。
 試験車に装着可能な複数のエコタイヤの燃費改善効果を比較するため、各々のタイヤに全て付け替えて以下の路上惰行試験を行い、路上走行抵抗を測定します。次にこの試験車をシャシダイナモメータにセットし、各々のタイヤを装着した後、各タイヤの走行抵抗を設定し負荷検証を行った後に、正式のモード燃費試験を実施します。

公式の燃費試験法に則して各種タイヤの燃費関連性を評価する方法

 そこで当協会では、複数のタイヤ間での燃費差を定量的に比較する評価試験や解析を受託により請け負っています。

タイヤによる燃費影響度を現在の自動車燃費評価の試験方法に基づいて定量的に評価する場合には、以下の方法を用います。

 しかしタイヤのグレーディング表示と、そのタイヤを装着した個々の車の燃費改善効果との関係性がはっきりしないという指摘があります。その理由は、タイヤころがり抵抗係数RRC の試験方法とその表示単位(N/kN) が、自動車のモード燃費試験方法および燃費の表示単位(km/l)とが体系的に異なっているためと思われます。

 自動車タイヤが燃費に関係するのは、走行時のタイヤ回転に伴うタイヤ部材の繰り返し変形や路面との摩擦、タイヤ自身が受ける空気抵抗による損失が、エンジン仕事に影響するためです。タイヤ損失のうちの約90%がタイヤ変形に起因するといわれていますので、損失の少ない低ころがり抵抗タイヤ、すなわちエコタイヤの開発が積極的に行われ、燃費への効果がアピールされています。こうしたタイヤのエコ性能に関しては、ユーザーの商品選択に必要な情報を提供する観点から、わが国では右下図に示すタイヤのグレーディング(等級化)とラベル表示の制度が 導入されています。

 自動車タイヤが燃費に関係するのは、走行時のタイヤ回転に伴うタイヤ部材の繰り返し変形や路面との摩擦、タイヤ自身が受ける空気抵抗による損失が、エンジン仕事に影響するためです。タイヤ損失のうちの約90%がタイヤ変形に起因するといわれていますので、損失の少ない低ころがり抵抗タイヤ、すなわちエコタイヤの開発が積極的に行われ、燃費への効果がアピールされています。こうしたタイヤのエコ性能に関しては、ユーザーの商品選択に必要な情報を提供する観点から、わが国では右下図に示すタイヤのグレーディング(等級化)とラベル表示の制度が導入されています。

 当協会では、最近注目されているエコタイヤ(低ころがり抵抗タイヤ)が実際の車の燃費のどのように影響するかを実測、解析、シミュレーションで評価する手法及びツールをいくつか用意しております。

 受託試験では以下に示すタイヤの試験・評価が実施可能ですが、お客様のお考え、目的、内容に応じて柔軟に対応いたしますので、試験項目や実施時期、試験条件等につきまして、JATA本部の技術部(Tel:03-6836-1585/E-mail: gijutu@ataj.or.jp)にご相談ください。

  ①テストコースでの各種タイヤを装着した車の惰行試験(コースは借用)

 ②シャシダイナモ上での車両惰行またはASR駆動法によるタイヤ抵抗比較試験

 ③シャシダイナモ上でのモード燃費測定(①、②による負荷設定での試験) 

 ④先進タイヤ試験機によるモード走行時のタイヤ損失測定(小野測器と連携)

 ⑤タイヤ違いによる燃費改善率の推計計算
タイヤ違いによる燃費影響の評価試験

公益財団法人日本自動車輸送技術協会は、自動車の安全確保、環境保全に役立つ各種の試験、調査、研究を行うことで社会に貢献しています。

以前のホームページ

公益財団法人日本自動車輸送技術協会 Japan Automobile Transport Technology Association

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • アクセス

受託試験・共同研究

受託試験ー自動車用タイヤの燃費影響評価